前月
前月の活動
★ホームにもどる★ 2020年度
活動報告
次月
次月の予定

YACさがみはら分団 2020年9月 活動報告

9月例会: 色を分けてみよう
日   時: 2020年9月13日(日)
場   所: 相模原市環境情報センター
参 加 者: 団員26名、団員家族その他13名、他分団員・本部所属団員0名、体験入団者1名、リーダーおよびサブリーダー6名  合計46名

 今回は「黒は何色? 白って何色?」ということで、色というものについて実験しました。
 ステイホームでも楽しめるよう、うちに持ち帰って続きができる工作を用意しました。
 最初にキッチンペーパーを幅3cmくらいの帯に切ってしたから1.5cmくらいのところに鉛筆で線を引いておきます。線の上に黒のサインペンで点を書いて紙を割りばしではさんで線が水水の中に入らないよう注意して、紙の先を水につけます。数分待つと黒の点がだんだん色に分かれてきました。
 次にいろいろな黒の色比べです。友だちとサインペンを交換して違う黒でためしてみました。人によって分かれた色が同じだったり違ったりしました。全部で10種類のサインペンをくばったので、違う黒の点を集めてもらい、家に帰って色比べをしてもらいました。
発展として 
1)ほかの色はどうなるのか 
2)お絵かきをにじませてみよう 
3)サインペン以外で色が分かれるものを探してみよう 
との宿題を出しました。  
まとめとして水に溶けないものも有機溶剤で分離することができること、紙と水で簡単にできる実験でも基本は大学生が分析に使う手法と同じであることなどの話をしました。
 休憩後、今度は「白って何色?」です。ポテチのふたにのぞき穴をあけて、そこに分光シートを貼ります。次にポテチの筒の底に黒紙を貼って押しピンで穴をあけます。ふたをして光にむけのぞき穴からのぞくときれいなにじがみえました。
 つぎはラップの芯の片側に黒紙でスリットを作ってはりつけます。黒紙にのぞき穴をあけCDのかけらをはりつけたものをもう一方にはりつけます。CDのかけらはレベル面をガムテープではいで透明にしたものです。
スリットとCDの向き調整が少し難しかったけれど先ほどのポテチの分光器より大きく広がったにじを見ることができました。
LEDやネオンサイン、花火、その他いろいろな光を見比べてもらうことを宿題としてうちでやってもらうことにしました。
  最後ににじに関する質問が出たので、にじの見える原理、見える方向、2重のお話などをして終了しました。

参加団員の感想
・こうさくはむずかしかったけれど、たのしかった。(小3)
・たのしかったです。チップスターのはこでにじをつくったのがいちばんたのしかったです。(年中)
・知らないことが多くていろいろ学べた。説明が分かりやすかった。(中1)
・ポテチのつつの工作がいちばん楽しかったです。家でもやってみます。(小3)
・今日は白と黒とは何かという無彩色について調べた。この二つの色は中1の美術でやった通り。白⇒赤・青・緑 黒⇒シアン・マゼンタ・黄 の3色でできていた。(中3)
・こういうのは大学とか宇宙レベルの研究につながっていくのがおもしろい。(中2)
・黒が何色かわかるのが不思議でおもしろかった!(小6)
・今日のはよかった。特にチップスターを使ったのがよかった。(小6)
・簡単な工作でたくさんのことを勉強できてよかったです。(小5)
・いろんな黒ペンでいろんな色がまざったのがたのしかったです。ながれぼしみたいでした。光ははんしゃして虹色がはなびみたいでした。すごかったです。つながったやつもあって水色青ピンクオレンジがありました。(小2)
・このほかにつかえることはあるんですか。(小1)
・ひかりがきれいでした。たのしかったです。おうちでもやってみたいです。(小1)
・いろいろな色のことがわかっておもしろかった。(小2)
・たのしかったです。またきたいです。(年長)
・工作では2つ作ってとても楽しかったです。光の三げん色にも気になったので調べることにします。しつもんで聞いた「3重のにじはありますか?」の答えのあと、「六重のにじがある」と知っておどろきました。(小4)
・白にも黒にもじつは色があったことにおどろきました。(小2)
・白の色や黒の色にもいろいろな色がまざってできると初めて知ったのでとてもおどろいたし、勉強にもなったのでとても楽しかったです。(小4)
・例会でつかったかみみたいなものがてらすとレインボーいろになったから、びっくりした。(小1)
・たのしかった。(年少)
・分光きの作せいが思ったよりもかんたんで作れるそざいだから、家でも作りたい。
(小4) ・分光フィルムを使った分光器を家でメモリつきでつくってみたいです。(小6)

前月
前月の活動
★ホームにもどる★ 2020年度
活動報告
次月
次月の予定